シミトリーの口コミ@効果は保湿成分と自成分が鍵を握る?

シミトリーの口コミと成分について紹介しています

作者別: jfgi90

シミトリーで欠かせない成分はフラバンジェノール!東洋新薬が開発した独自成分!

薬用シミトリーは東洋新薬が開発したシミとシワに同時に効く、うるおい美白オールインワンジェルです。

そんな薬用シミトリーは口コミでも話題になっています。

 

  • ハイドロキノン誘導体
  • ビタミンC誘導体

 

2つを配合!といった紹介をされているかと思うのですが、薬用シミトリーで欠かせない成分と言えば「フラバンジェノール」だと個人的に思うわけです。

なぜフラバンジェノールが欠かせないのか?

 

それはハイドロキノン誘導体との組み合わせによって効果がものすごいからです!

 

詳しく紹介していきますね。

 

フラバンジェノールってどんな成分?

 

フラバンジェノールはポリフェノールの一種です。松から抽出される成分で、様々な効果が期待できます。(フラバンジェノールは天然由来成分で副作用の心配もない安全な成分です。)

フラバンジェノールは育毛や血流改善などの効果にも期待ができますが、ここでは美容関連で紹介すると、大きく分けて以下の2つの効果が期待できるでしょう。

 

  1. コラーゲン生成によるシワ改善
  2. シミやくすみの改善

 

フラバンジェノールはコラーゲンを生成促進作用があり、コラーゲンを生成しタンパク質を作ることで、肌にもちもち感がある弾力をもたせる事ができます。その結果、肌にハリが出てシワを改善する効果に期待ができます。

 

また、シミやくすみの改善にも期待ができます。フラバンジェノールはメラニンの生成を抑制させる働きが期待できますので、シミやくすみや黒ずみを根本から防ぐ効果に期待ができます。

 

このようにフラバンジェノールは、シミを予防する目的であるシミトリーにとって、欠かせない成分であるという事が分かりましたね!

 

でも本当にシミトリーに欠かせない理由は他にありました。

 

フラバンジェノールとハイドロキノン誘導体の美白効果

 

シミトリーが美白効果に期待ができるのは以下の成分を配合しているからです。

 

  • ハイドロキノン誘導体
  • ビタミンC誘導体

 

広告で紹介されているこの2つの成分は、医薬部外有効成分に指定されている成分で、シミトリーのような医薬部外品には必ず配合されている成分です。

医薬部外品は上記のような厚生労働省が認めた成分を一定量配合しているものを言います。医薬品より効果は低く化粧品よりも効果は高いという立ち位置です。

 

つまり上記2つの成分によって美白効果に期待ができるワケですが、美白成分で有名な有効成分であるプラセンタという成分があります。

 

この成分を配合していれば美白効果には間違いないといった成分なのですが、シミトリーには配合していません。

 

しかし!

 

フラバンジェノールは、ハイドロキノン誘導体が一緒に配合されていることで、プラセンタの10倍の美白効果を発揮すると言われて言うのです!

 

これによってシミトリーの美白効果は無敵となったわけですね。これがシミトリーにフラバンジェノールが欠かせない理由です。東洋新薬の商品にしか配合されていないフラバンジェノールの効果を、シミトリーで感じてみてはいかがでしょうか?

 

シミトリーの毛穴への効果はどう?ラメラシンクロムの保湿効果で効果抜群!?

薬用シミトリーは保湿効果によってシミやシワを防ぐことが可能なオールインワンジェルです。オールインワンジェルということは肌のなんにでも効果が期待できそうですので、毛穴への開きなどへの効果にも期待ができそうです。

 

そこでシミトリーの毛穴への効果を調べてみたところ、シミトリーのラメラシンクロムの保湿効果によって、毛穴への効果に期待ができそうでしたので紹介していきたいと思います。

 

結論としては毛穴にも効果が抜群

 

結論としては、シミトリーは毛穴への効果にも期待ができるでしょう。そもそも毛なの開きというのは「肌の乾燥」が原因なのですが、薬用シミトリーのラメラシンクロムの保湿効果によって毛穴の開きを改善する効果に期待ができるでしょう。

 

薬用シミトリーはオールインワンジェルなので保湿効果にはあまり期待できないかなと思ったのですが、薬用シミトリーだけは例外でした。その理由として先程紹介したラメラシンクロムに秘密があります。

ラメラシンクロムというのはシミトリーの保湿成分の浸透技術で、人間の肌の構造に非常に似ているため、肌へ浸透しやすいという特徴があります。

人間の肌にはバリア機能が備わっており、外敵からの侵入を防いでいるのですが、シミトリーはそんなバリア機能を突破して角質層まで保湿成分を浸透させます。

 

その結果、肌の内部まで保湿成分が浸透し、肌の乾燥が改善し、毛穴の開きが改善されるでしょう。

 

薬用シミトリーのラメラシンクロムは、東洋新薬が開発した世界初の独自処方です。オールインワンジェルは保湿効果が低いといった常識を覆しています。

 

皮脂を抑える事が毛穴の開きを改善する近道だった

 

毛穴の開きは肌の乾燥に理由がありますが、その乾燥からどうして毛穴が広がるの?と考えますよね。実はこの乾燥した肌はバリア機能が低下しており、外部から刺激を受けやすい状態なんです。このバリア機能を補うために、体からは皮脂を分泌します。水分の代わりに皮脂が出てしまっている状態です。皮脂は毛穴からでますので、毛穴が無駄に広がってしまうわけです。

ですので、毛穴の開きを改善するためには、乾燥を防ぐことはもちろんですが、皮脂の分泌を抑えてあげる必要もあるのです。

 

そこでシミトリーは皮脂の分泌を抑える成分を2つ配合しています。

  • ビタミンC誘導体
  • フラバンジェノール

 

このように、シミトリーはシミだけでなくオールインワンジェルとして、様々なケアに対応できるということが分かりました。

シミはもちろんですが、毛穴の開きも年齢を感じさせる大きな要因です。オールインワンジェルのシミトリー1本でトータルケアをして若返りを見せましょう。

 

シミトリーは先天的なそばかすには効果なしなので注意!?

シミトリーは、芸能人も愛用している口コミで人気のシミとシワを同時に防ぐ事ができる、うるおい美白オールインワンジェルです。

肌の漂白剤とも飛ばれるハイドロキノンを安定化させて作られた美白有効成分の「ハイドロキノン誘導体」を配合した医薬部外品です。

そんな美白オールインワンジェルは満足度97.3%を獲得しています。

 

そんな肌の美白に期待ができるオールインワンジェルですから、そばかすにも効果があるのでは?と思いますよね。そこでシミトリーのそばかすへの効果について調べてみると、意外な真実「先天的なそばかすには効果なし」という事がわかりましたので紹介していきたいと思います。

 

先天的なそばかすって何?効果なし?

 

そばかすは頬にできる点々とした色素沈着なのですが、そんなそばかすは先天的、後天的の2種類があるとされています。

 

 

先天的なそばかすは遺伝が原因とされ、幼少期の頃に発症し、徐々に改善されている人がほとんどですが、まれに20代になっても残っている方がいます。

後天的なそばかすは、シミと似たいようなもので30代以降に発症し徐々に濃くなるという特徴があります。

 

 

このようにそばかすには2種類があるのですが、先天的(遺伝的)なそばかすには、シミトリーでは効果に期待できないでしょう。先天的なそばかすの原因は解明されていませんが、基本的には徐々に改善するのでそのまま改善を待ちましょう。シミトリーを塗っても遺伝なので改善できません。

 

シミトリーは後天的なそばかすには、効果期待大!

 

後天的なそばかすは先天的なものとは違い、原因がはっきりと分かっているので、シミトリーでも改善が期待できます。

原因としてはシミができるのと同じく、紫外線や肌への刺激が挙げられます。

シミの原因と同じということは、そばかすはメラニンの生成を抑制させて美白を導くシミトリーの得意分野ということになりますね。

 

シミトリーの効果まとめ

 

最後にシミトリーのそばかすへの効果についてまとめます。

先天的な遺伝のそばかすにはシミトリーは効果なしですが、後天的な30代以降にできたそばかすはシミとおなじですので、シミトリーでも効果を発揮できるでしょう。

 

シミトリーは保湿効果の浸透力が高いので、毛穴へ開きへの効果にも期待ができます。シミトリーは様々な肌のお悩みを解決できるオールインワンジェルという事が分かりました。

口コミでも好評ですので一度目を通してみてください。

 

薬用SimiTRY(シミトリー)の保湿効果ってどれくらい?口コミの評判とは?

薬用シミトリーは東洋新薬が開発したフラバンジェノール®の効果により、シミとシワを同時に防ぐ事ができる、うるおい美白オールインワンジェルです。

 

薬用シミトリーの公式サイトにも「うるおい美白」と書かれていますが、本当にうるおい美白なのでしょうか?

 

オールインワンジェルを選ぶ上では、やはり、保湿効果が気になってしまいますよね?オールイワンジェルって保湿効果が物足りないといった印象を持っている方もいるのでは無いでしょうか?

 

そこで、薬用シミトリーの保湿効果について調べてみました。

 

薬用シミトリーの保湿成分って何がある?

 

薬用シミトリーでは以下の10種類の保湿成分を配合しています。

  • フラバンジェノール
  • ビルバリーバエキス
  • ユキノシタエキス
  • マロニエエキス
  • カンゾウフラボノイド
  • 天然ビタミンE
  • セラミド3
  • オリーブ油
  • スクワラ
  • シア脂

冒頭で、シミトリーには東洋新薬が開発した「フラバンジェノール®」を配合していると紹介しましたが、この成分はポリフェノールの一種で、肌のシミの原因であるメラニンを抑制させる働きに期待ができる美白成分です。

フラバンジェノール®はメラニンを抑制させる働きがある一方で、シミトリーに一緒に配合されているヒアルロン酸と組み合わせると、保湿効果が高いと評判のセラミドの15倍もの保湿効果になると言われています。

 

このような配合成分が充実していることからも、薬用シミトリーには保湿効果があると言えるでしょう。

 

薬用シミトリーの浸透力の高さがすごい!潤いが維持する!

 

薬用シミトリーの特徴の1つに、保湿成分の浸透力の高さがあります。シミトリーは日本で唯一「球状ラメラ構造」を採用しています。

球状ラメラ構造とは、水分と油分が交互になった小さなカプセルの中に美容成分が含まれており、肌に浸透しやすい構造である上に、カプセルが徐々に溶け出すこととで、時間差で長時間潤いが持続する働きが期待できます。

 

ただ、この球状ラメラ構造はとっても浸透力が高く、すぐに肌の中に浸透してしまいます。そのため、シミトリーを利用した人の口コミでは「さっぱりとして乾燥した感じがした」といったような口コミも一定数見られました。実際には乾燥しているわけではなく、肌の内部に浸透成分がしっかり入り込んだということなのですが、肌の表面に潤いを感じたい方にはシミトリーは少し物足りないようでした。

 

保湿力が物足りないと感じたら、重ね付けと併用を!

 

薬用シミトリーを使用して、肌の潤いが物足りないと感じたのであれば以下のような事を試してみてください。

 

  • シミトリーの重ね付け
  • 保湿クリームの併用

 

シミトリーの使い始めは元々の肌が乾燥ぎみかと思いますので、重ね付けするだけで保湿効果がかなりアップするかと思います。

それでも保湿効果が足りないのでしたら、他の保湿クリームや乳液との併用をしてみてください。

もちろんシミトリーは他の化粧品と併用もOKですよ!

 

 

薬用シミトリーの保湿力の秘密は【ラメラシンクロム】にあり!

薬用シミトリーは独自の保湿処方により、シミとシワを同時に防ぐ事が可能な、美白オールインワンジェルです。シミトリーで口コミでも話題になっているのが、保湿力の浸透力の高さです。

 

その理由としては、薬用シミトリーの独自処方である「ラメラシンクロム」にあります。

 

ラメラシンクロムって何?どんな効果があるの?といった事が気になるかと思いますので、紹介していきたいと思います。

 

ラメラシンクロムは人間の肌と似ている構造で浸透力が高い

 

シミトリーは浸透力が高く

  • すーっと染み込む
  • サラサラとした仕上がりになる

といった特徴があります、中にはシミトリーの浸透力が高くて乾燥を感じるといった方もいらっしゃいますが、概ね好評です。

このシミトリーの浸透力の高さの秘密としてあるのが「ラメラシンクロム」という保湿成分の構造です。球状ラメラ構造とも呼ばれているシミトリーの保湿構造は、水と油分が交互になっている構造で、この構造は人間の肌と非常に似ているので、浸透しやすい特徴があるのです。

 

ラメラシンクロムにメリットは?

 

シミトリーはラメラシンクロムによって浸透力が高くなっています。この浸透力が高いことによって、肌にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

結論としては、保湿力と保水力が上がります。

 

薬局やドラッグストアなどで販売されている通常の市販の界面活性剤の保湿ジェルなどに比べて、

  • 1倍の保湿浸透性
  • 5倍の水分保持力

といった効果が期待できます。

 

このように多くの保湿成分を長時間浸透させることによって、スキンケアの基本である保湿をクリア出来ます。

シミの改善に期待ができるのはもちろん、くすみや肌のハリを改善する効果にも期待ができるでしょう。

 

シミトリーで乾燥する感じた場合にできること

 

薬用シミトリーは世界初の独自処方であるラメラシンクロムによって、保湿成分の浸透力が高くなっています。

しかし、口コミを見てみるとシミトリーを使うと乾燥した感じがするといった口コミが見られるのも事実です。

 

この原因としては、元々シミトリーはサラサラとしたジェルで浸透力が高いことから、肌の表面に潤いを感じられない場合があるということです。すぐに浸透してしまうので肌の表面では乾燥を感じられるといったことです。

 

しかし口コミでは全員が乾燥を感じているわけでなく、潤いを感じている方も多かったですので、やはり使ってみないことにはわからない部分でもあります。

 

最後にまとめてとしては、

世界初の独自処方であるラメラシンクロムを使った薬用シミトリーは浸透力が高いため、シミケアジェルとしては高評価です。その結果として美白オールインワンジェルで第1位

を獲得出来ているんですね。

 

薬用シミトリーはほうれい線の改善にも効果あり?

薬用シミトリーはシミとシワを防ぐ事ができる、潤い美白オールインワンジェルです。薬用シミトリーはシワを防ぐ事ができるわけですから、もしかしたらほうれい線も改善できるのでは?と考えられますよね。

 

そこで今回は薬用シミトリーのほうれい線への効果について調査してみました。

 

薬用シミトリーはほうれい線にも効果あり!

 

結論をお伝えすると、薬用シミトリーは40代から目立ち始めるほうれい線にも効果が期待出来るということが分かりました。

 

薬用シミトリーがほうれい線にも効果的な理由としましては、配合成分に理由があります。実際にどのような成分が効果に期待ができるのかと言いますと、10種類配合されている天然由来成分が効果に期待ができるでしょう。

 

天然由来成分は植物由来成分で、保湿効果に期待ができます。

 

ほうれい線が出来てしまうのは、肌の乾燥が原因ですので、天然由来成分で乾燥を防ぐことでほうれい線を目立たなくさせる働きに期待ができます。

 

また、他にもコラーゲンが減少していることで肌の土台が崩れてほうれい線が出来てしまっている可能性も考えられます。この場合は肌のコラーゲンを生成させてあげる必要があります。

シミトリーではコラーゲンを生成させる成分を2つ配合しています。

  • ビタミンC誘導体
  • フラバンジェノール

これら2つの成分により、ほうれい線を目立たなくさせる効果に期待ができるでしょう。

 

シミトリーの保湿効果をもっと詳しく

 

薬用シミトリーは保湿効果と浸透効果が高いことでも有名です。薬用シミトリーは「球状ラメラ構造」と呼ばれる保湿成分の浸透技術を採用しています。この構造は肌の構造と似ている為、とっても浸透効果が高いわけです。

 

この浸透効果によって肌に潤いを与えて、ほうれい線を目立たなくさせる事が可能です。

 

シミトリーの保湿成分って何があるのでしょうか?

それがこちら↓

  • フラバンジェノール
  • ビルバリーバエキス
  • ユキノシタエキス
  • マロニエエキス
  • カンゾウフラボノイド
  • 天然ビタミンE
  • セラミド3
  • オリーブ油
  • スクワラン
  • シア脂

 

こんなにも多くの保湿成分を配合しています。

 

特にフラバンジェノールとヒアルロン酸の組み合わせはセラミドの15倍とも言われています。

一般的な界面活性剤クリームも

  • 1倍の浸透性
  • 5倍の水分保持力

といったことも証明されています。

 

このように、オールインワンジェルの薬用シミトリーは、40代50代60代のほうれい線のケアにおすすすめです。

薬用シミトリーは塗るだけの使い方では微妙らしい?保湿効果を高める使い方とは

シミトリーはシミやシワを保湿成分により予防するオールインワンジェルです。オールインワンジェルなので、基本的な使い方としては顔に塗るだけでOKだと思われますが、少し工夫するだけで、シミトリーの効果を高める事ができますよ。

詳しく解説していきますね。

 

シミトリーの使い方(基本編)

 

薬用シミトリーの基本的な使い方をまとめていきます。

 

1.洗顔で顔の汚れを落とす

シミトリーを塗る前には洗顔で顔をよく洗って汚れを落としてください。洗顔をすることにより、浸透効果を妨げる汚れを落とす事ができます。この際、皮膚に刺激を与えずに優しく洗うのに注意が必要です。

 

2.シミトリーを手に取り出す

手に取り出す量は「さくらんぼの粒程度」とのことです。これはあくまでも目安ですので、肌質に季節に合わせて量を調整してください。

 

4.指でシミトリーを肌に伸ばしていく

両手の指を使ってシミトリーを顔に塗っていきます。この時の洗顔と同じく優しく刺激を与えないようにしましょう。

※シミトリーは浸透力が高いので多めに塗ってもすぐに肌に浸透していきますので、ベタツキなどは感じないかと思われます。

 

5.ハンドプレスでしっかりと浸透

シミトリーが顔全体に塗れたら、手のひら全体で顔を包み軽く押し付けてあげます。こうすることで成分をしっかりと肌に浸透させることができます。

 

効果を高める使い方とはなんでしょう?

シミトリーはオールインワンジェルなので、基本的な使い方は簡単ですね。しかし、これから紹介する方法を試してみると、シミトリーの美白効果をより高める事ができるかと思いますので、参考にしてみてください。

 

  • シミトリーの重ね塗りした使い方

シミトリーを重ね塗りして効果を高める方法です。シミトリーは浸透力が高いので、多めに塗っても肌がベタベタするといった心配はありません。シミトリーの使用量が気になる方は保湿効果がもっとほしい部位や、シミなどの特定部位だけに重ね塗りするだけでも効果を高める事ができるでしょう。

 

 

  • 乳液・保湿クリームとの併用した使い方

冬などの肌が乾燥しやすい時期では、保湿力が足りないと感じる場合があるかもしれません。その場合は乳液や保湿クリームと併用してみると、保湿効果を感じるかもしれません。特にシミトリーは浸透力が高いので、肌の内部はしっかりと保湿されていても、肌の外部は保湿効果が物足りなくなる場合もあります。そういった方におすすめの方法です。

 

効果を高める使い方まとめ

 

シミトリーの効果を高める使い方としては以下の2つのポイントが大事になってきます。

  • シミトリーの重ね塗り
  • 乳液・保湿クリームとの併用

 

シミを改善するためには肌の保湿力を上げてターンオーバーを促進させる必要があります。薬用シミトリーでも保湿効果は十分得られますが、上記2つの使い方をするだけで、シミトリーの効果を高める事が可能です。