シミトリーはシミやシワを保湿成分により予防するオールインワンジェルです。オールインワンジェルなので、基本的な使い方としては顔に塗るだけでOKだと思われますが、少し工夫するだけで、シミトリーの効果を高める事ができますよ。

詳しく解説していきますね。

 

シミトリーの使い方(基本編)

 

薬用シミトリーの基本的な使い方をまとめていきます。

 

1.洗顔で顔の汚れを落とす

シミトリーを塗る前には洗顔で顔をよく洗って汚れを落としてください。洗顔をすることにより、浸透効果を妨げる汚れを落とす事ができます。この際、皮膚に刺激を与えずに優しく洗うのに注意が必要です。

 

2.シミトリーを手に取り出す

手に取り出す量は「さくらんぼの粒程度」とのことです。これはあくまでも目安ですので、肌質に季節に合わせて量を調整してください。

 

4.指でシミトリーを肌に伸ばしていく

両手の指を使ってシミトリーを顔に塗っていきます。この時の洗顔と同じく優しく刺激を与えないようにしましょう。

※シミトリーは浸透力が高いので多めに塗ってもすぐに肌に浸透していきますので、ベタツキなどは感じないかと思われます。

 

5.ハンドプレスでしっかりと浸透

シミトリーが顔全体に塗れたら、手のひら全体で顔を包み軽く押し付けてあげます。こうすることで成分をしっかりと肌に浸透させることができます。

 

効果を高める使い方とはなんでしょう?

シミトリーはオールインワンジェルなので、基本的な使い方は簡単ですね。しかし、これから紹介する方法を試してみると、シミトリーの美白効果をより高める事ができるかと思いますので、参考にしてみてください。

 

  • シミトリーの重ね塗りした使い方

シミトリーを重ね塗りして効果を高める方法です。シミトリーは浸透力が高いので、多めに塗っても肌がベタベタするといった心配はありません。シミトリーの使用量が気になる方は保湿効果がもっとほしい部位や、シミなどの特定部位だけに重ね塗りするだけでも効果を高める事ができるでしょう。

 

 

  • 乳液・保湿クリームとの併用した使い方

冬などの肌が乾燥しやすい時期では、保湿力が足りないと感じる場合があるかもしれません。その場合は乳液や保湿クリームと併用してみると、保湿効果を感じるかもしれません。特にシミトリーは浸透力が高いので、肌の内部はしっかりと保湿されていても、肌の外部は保湿効果が物足りなくなる場合もあります。そういった方におすすめの方法です。

 

効果を高める使い方まとめ

 

シミトリーの効果を高める使い方としては以下の2つのポイントが大事になってきます。

  • シミトリーの重ね塗り
  • 乳液・保湿クリームとの併用

 

シミを改善するためには肌の保湿力を上げてターンオーバーを促進させる必要があります。薬用シミトリーでも保湿効果は十分得られますが、上記2つの使い方をするだけで、シミトリーの効果を高める事が可能です。