薬用シミトリーはシミとシワを防ぐ事ができる、潤い美白オールインワンジェルです。薬用シミトリーはシワを防ぐ事ができるわけですから、もしかしたらほうれい線も改善できるのでは?と考えられますよね。

 

そこで今回は薬用シミトリーのほうれい線への効果について調査してみました。

 

薬用シミトリーはほうれい線にも効果あり!

 

結論をお伝えすると、薬用シミトリーは40代から目立ち始めるほうれい線にも効果が期待出来るということが分かりました。

 

薬用シミトリーがほうれい線にも効果的な理由としましては、配合成分に理由があります。実際にどのような成分が効果に期待ができるのかと言いますと、10種類配合されている天然由来成分が効果に期待ができるでしょう。

 

天然由来成分は植物由来成分で、保湿効果に期待ができます。

 

ほうれい線が出来てしまうのは、肌の乾燥が原因ですので、天然由来成分で乾燥を防ぐことでほうれい線を目立たなくさせる働きに期待ができます。

 

また、他にもコラーゲンが減少していることで肌の土台が崩れてほうれい線が出来てしまっている可能性も考えられます。この場合は肌のコラーゲンを生成させてあげる必要があります。

シミトリーではコラーゲンを生成させる成分を2つ配合しています。

  • ビタミンC誘導体
  • フラバンジェノール

これら2つの成分により、ほうれい線を目立たなくさせる効果に期待ができるでしょう。

 

シミトリーの保湿効果をもっと詳しく

 

薬用シミトリーは保湿効果と浸透効果が高いことでも有名です。薬用シミトリーは「球状ラメラ構造」と呼ばれる保湿成分の浸透技術を採用しています。この構造は肌の構造と似ている為、とっても浸透効果が高いわけです。

 

この浸透効果によって肌に潤いを与えて、ほうれい線を目立たなくさせる事が可能です。

 

シミトリーの保湿成分って何があるのでしょうか?

それがこちら↓

  • フラバンジェノール
  • ビルバリーバエキス
  • ユキノシタエキス
  • マロニエエキス
  • カンゾウフラボノイド
  • 天然ビタミンE
  • セラミド3
  • オリーブ油
  • スクワラン
  • シア脂

 

こんなにも多くの保湿成分を配合しています。

 

特にフラバンジェノールとヒアルロン酸の組み合わせはセラミドの15倍とも言われています。

一般的な界面活性剤クリームも

  • 1倍の浸透性
  • 5倍の水分保持力

といったことも証明されています。

 

このように、オールインワンジェルの薬用シミトリーは、40代50代60代のほうれい線のケアにおすすすめです。