薬用シミトリーは東洋新薬が開発したシミとシワに同時に効く、うるおい美白オールインワンジェルです。

そんな薬用シミトリーは口コミでも話題になっています。

 

  • ハイドロキノン誘導体
  • ビタミンC誘導体

 

2つを配合!といった紹介をされているかと思うのですが、薬用シミトリーで欠かせない成分と言えば「フラバンジェノール」だと個人的に思うわけです。

なぜフラバンジェノールが欠かせないのか?

 

それはハイドロキノン誘導体との組み合わせによって効果がものすごいからです!

 

詳しく紹介していきますね。

 

フラバンジェノールってどんな成分?

 

フラバンジェノールはポリフェノールの一種です。松から抽出される成分で、様々な効果が期待できます。(フラバンジェノールは天然由来成分で副作用の心配もない安全な成分です。)

フラバンジェノールは育毛や血流改善などの効果にも期待ができますが、ここでは美容関連で紹介すると、大きく分けて以下の2つの効果が期待できるでしょう。

 

  1. コラーゲン生成によるシワ改善
  2. シミやくすみの改善

 

フラバンジェノールはコラーゲンを生成促進作用があり、コラーゲンを生成しタンパク質を作ることで、肌にもちもち感がある弾力をもたせる事ができます。その結果、肌にハリが出てシワを改善する効果に期待ができます。

 

また、シミやくすみの改善にも期待ができます。フラバンジェノールはメラニンの生成を抑制させる働きが期待できますので、シミやくすみや黒ずみを根本から防ぐ効果に期待ができます。

 

このようにフラバンジェノールは、シミを予防する目的であるシミトリーにとって、欠かせない成分であるという事が分かりましたね!

 

でも本当にシミトリーに欠かせない理由は他にありました。

 

フラバンジェノールとハイドロキノン誘導体の美白効果

 

シミトリーが美白効果に期待ができるのは以下の成分を配合しているからです。

 

  • ハイドロキノン誘導体
  • ビタミンC誘導体

 

広告で紹介されているこの2つの成分は、医薬部外有効成分に指定されている成分で、シミトリーのような医薬部外品には必ず配合されている成分です。

医薬部外品は上記のような厚生労働省が認めた成分を一定量配合しているものを言います。医薬品より効果は低く化粧品よりも効果は高いという立ち位置です。

 

つまり上記2つの成分によって美白効果に期待ができるワケですが、美白成分で有名な有効成分であるプラセンタという成分があります。

 

この成分を配合していれば美白効果には間違いないといった成分なのですが、シミトリーには配合していません。

 

しかし!

 

フラバンジェノールは、ハイドロキノン誘導体が一緒に配合されていることで、プラセンタの10倍の美白効果を発揮すると言われて言うのです!

 

これによってシミトリーの美白効果は無敵となったわけですね。これがシミトリーにフラバンジェノールが欠かせない理由です。東洋新薬の商品にしか配合されていないフラバンジェノールの効果を、シミトリーで感じてみてはいかがでしょうか?